手ぬぐい神野トップ

手ぬぐい製作の知識

顔料プリント+裏通し

顔料プリント+裏通し


みなさんこんにちは。

今回は「裏通し」についてお話したいと思います。
そもそも裏通しとは何かですが、注染手ぬぐいの場合、通常のタオルと違って裏までしっかり色が通り綺麗にみえます。それを裏通しというそうです。
これは本染め手ぬぐいの魅力の一つでもありますね。
しかし顔料プリントとなりますと、その性質上裏側にまで色がなかなか通らないみたいです。

せっかくこだわって作成するのに、裏側に柄が透ける程度にしかならないのはあまり良いことではないですよね。

顔料プリントでそこは諦めるしかないのか・・・というとそうでもないみたいです。

じつは顔料インクでも全く生地を通らないわけではなく、プリントをする際に力を加えてあげることで顔料プリントでも裏通しが多少はできるとのこと。

ただし、注意しなければならないのは

  • 割高になってしまうこと
  • 出ても60~90%ほどで、極端な話最初の手ぬぐいと最後の手ぬぐいでは出方も違ってくること
  • 文字や細かいデザインがつぶれる可能性があること

だそうです。

少しでも本染めに近づけたい!という方はやってみるのも良いかもしれませんね。
もしデザインが細かすぎず、ちょっとくらいならつぶれても大丈夫、というのであればそういった部分にこだわりを持つのもアリだとおもいます。

僕も自分で手ぬぐい作るなら、細かい部分はこだわりたいですからね。

もちろん当社であれば事前にその旨を伝えていただければ、しっかりと対応させていただきます。
ぜひご検討の際は、下記フォームよりお問い合わせください。

フリーダイヤル 0120-93-0075

  • 手ぬぐいお見積もり(無料)
  • 手ぬぐいに関するお問い合わせ(無料)

 

おしながき

  • プリント手ぬぐい
  • 本染め手ぬぐい
  • 剣道面手ぬぐい
  • フルカラー手ぬぐい
  • 手ぬぐい以外の商品(和のもの)
  • 料金について
  • お客様の声
  • 手ぬぐいギャラリー
  • 動画ギャラリー
  • 見積もり
  • 問い合わせ
  • 熨斗と文字
  • 入稿とデータ
  • よくある質問
  • 納品までの流れ
  • 支払い方法・送料
  • 会社概要
  • ブログ
  • 新人デザイナー研修ブログ
  • 手ぬぐい神野NEWS
  • カンノタオル
  • 神野織物
  • 日本の伝統柄手ぬぐい販売サイトKannoJapan

フリーダイヤル 0120-93-0075