「それだけ?」じゃないインクジェット染料プリントのオリジナル手ぬぐい~フルカラー・小ロットの手ぬぐい制作方法~

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「それだけ?」じゃないインクジェット染料プリントのオリジナル手ぬぐい~フルカラー・小ロットの手ぬぐい制作方法~
[`evernote` not found]
Facebook にシェア

tengui_0507

FROM 辻良岳
吹田の事務所より、、、

 

100枚未満のオリジナル手ぬぐいをいかにして作るかで、

インクジェット染料プリントという方法を紹介しました。

 

ただ、思いのほか、小ロットのことよりも、

「フルカラー」のことに興味を持たれたみたいで、

 

「絵画展の絵を、そのまま手ぬぐいにプリントしたい。」

「こどもの絵を、そのまま手ぬぐいにしたい。」

「チームの写真をそのままオリジナル手ぬぐいにして、飾りたい。」

 

と、「そのまま」がキーワードのようで、3連チャンで言われちゃいました。

「そのまま」は、一番簡単に思いを伝えられて、メッセージ性が強いものになるし、

自由にデザイン出来る楽しさもあり、あとは 確実に簡単です。

 

ただ、「そのまま」でプリントするには、型を作成する通常のプリント方法の場合、

デザインを見ないと、見積も納期も提示出来ません。

通常のプリントでフルカラーの場合、デザインをCMYKの4色で分解して型を作成、さらに、

特色でプリントしなければ、おかしくなる箇所は、特色で型を作成します。

つまり、デザインを見てからでないと、型の作成数もが変わってしまうってことです。

型の数が違えば、作成日数も異なるし、値段も異なるので、デザインを見ない段階では、見積り出来ないんです。

 

ただ、インクジェット染料プリントは、型を作成しないので、デザインを見なくても、

早く見積りも出来、納期もお知らせ出来ます。

 

「それだけ?」ではないんです。インクジェット染料プリントも、通常のプリントでフルカラーも、

CMYKの4色の点で表現するのですが、

通常のプリント方法 → 点が粗く、線がガタガタに見えてしまう。※添付画像参照

インクジェット染料プリント → 点が細かく、線も比較的綺麗に見える。

デザイン再現の綺麗さも、インクジェット染料プリントが上回ります。

 

さらに「それだけ?」ではないんです。

通常のプリントは、顔料を使用するのですが、フルカラーの場合特に、印刷部分が硬くなります。吸水性も落ちます。

インクジェット染料プリントは、染料を使用するので、印刷部分も柔らかいんです。

僕も使っていますが、吸水性もほとんど変わらないです。

 

まとめると、インクジェット染料プリントで「そのまま」の手ぬぐいを作成するメリットは、

・スケジュールや費用の、数字がすぐに把握できる。

・デザインの再現が、より綺麗に。

・印刷部分も柔らかく、吸水性もほとんど落ちない。

の3つがあります。

 

「そのまま」で、制作を考えているなら、インクジェット染料プリントありですよ。

 

インクジェット染料プリント手ぬぐいの価格については、枚数で変動しますので一度お問い合わせ下さい。
お問い合わせ見積りのページ、またはフリーダイヤル(0120-93-0075)からどうぞ。

 

手ぬぐい神野 辻良岳

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Twitter

Facebook