手ぬぐい全般

日本舞踊で欠かせない長尺(110cm~120cm)手ぬぐい

日本舞踊で使う手ぬぐい

手ぬぐいと言えば、部屋に飾ったり、名前の通り手を拭うために使われたり剣道の面タオルに使われるのが一般的ですが、日本舞踊でも手ぬぐいは扇子同様欠かせない小道具のようです。 落語家の方が使われるのと同様に日本舞踊では、手ぬぐ …続きを読む


手ぬぐいの晒生地が昔からほつれて切りっぱなしになっている理由

手ぬぐいの三巻縫製

大昔からある手ぬぐい(一説には奈良時代から使用されているともされている)。 手ぬぐいは元々、主に汗や水を拭(ぬぐ)ったり、入浴時に体を洗ったりするための布で、使用後に乾きやすくするため、汚れが生地端にたまらず衛生的である …続きを読む


手ぬぐいの使い方 -オリジナル手ぬぐいが手元に届いた後の用途と活用方法-

手ぬぐいラッピング

注染の味のある手ぬぐい、プリントのカラフルでかっこいいデザインの手ぬぐいが手元に届くと、ハンカチとして使ってみたり、額に入れて部屋に飾ったり、とてもテンションが上りますよね。 ただ、ハンカチとしては少し嵩張るし、額に入れ …続きを読む


手ぬぐい生地のサイズについて -文(総理)・岡・特文・特岡生地の幅と長さ-

手ぬぐいの生地サイズ

手ぬぐいのサイズはインターネットで検索しても正確なものはヒットしません。 なぜかというと、綿の生地は少しでも引っ張ると伸びますし、シワが入ると小さくなり染色すると少し縮みます。 そのため、計測する時の手ぬぐいの状態よって …続きを読む


オリジナル手ぬぐいの製作枚数に応じた価格と追加注文(リピート)時の価格

手ぬぐい製作料金

今回は、製作枚数(ロット)ごとの手ぬぐい製作費用と一度製作したオリジナル手ぬぐいの追加注文時の価格についてご説明します。 まず、気になる製作枚数(ロット)ごとの手ぬぐいの価格ですが、 本染め(注染)手ぬぐいの場合、 ※プ …続きを読む


剣道の面タオルに最適な100cmの生地幅で作るオリジナル手ぬぐいの仕様

本染め手ぬぐいで作るオリジナル面タオル

手ぬぐい神野では剣道用の面タオルのご依頼をたくさんいただいております。 そのほとんどが、100cmの長さでオーダーされていますが、 子供の剣道クラブやジュニアの大会では子供用に90cmで製作される場合もあります。 今回は …続きを読む


手ぬぐいをオリジナルで製作する際に理解しておくべき8つの注意事項

手ぬぐい製作の注意事項

  今回の記事は、オリジナル手ぬぐいを製作する方は必ず理解しておくべき内容です。 注染の手ぬぐい製作や、写真製版のプリント手ぬぐいを製作する際は色指定やデザインデータ製作でたくさん注意するべき事がありますが、今 …続きを読む


20枚(実質1枚)から製作できる剣道の手ぬぐい(オリジナル面タオル)

剣道の面タオル

手ぬぐい神野では、たくさんの剣道家・剣道連盟・学校剣道部の方々から手ぬぐい(面タオル)のご注文をいただいております。 その製作実績やお問い合わせの中でよくいただくご要望として多いものは、 100枚も必要ないので10枚、2 …続きを読む


オリジナル手ぬぐいの納期(製作にかかる期間)は?

手ぬぐいの納期

注染の手ぬぐいもプリントの手ぬぐいも基本的には3週間前後の納期(手ぬぐい神野の場合)が基本です。 ※枚数や仕様によっては3週間以上かかる場合もあります。 もちろん、繁忙期はそれ以上日数が必要な時期もあります。 逆にお急ぎ …続きを読む


「文生地(総理)と岡生地」オリジナル手ぬぐい製作時の生地の選び方

文生地と岡生地

オリジナル手ぬぐいを製作する際にデザインや色はもちろんですが、まず、手ぬぐい製作に使用する生地を選ぶ必要があります。 ただ、生地を選ぶといっても日常生活で文生地や岡生地を使い分けているわけではないので選ぶのが難しいかと思 …続きを読む


Twitter

Facebook