フルカラー手ぬぐいが出来るまで~蒸し洗い工程~


スナップショット 1 (2014-09-29 15-24)
FROM 辻 良岳

吹田事務所より、、、

フルカラー手ぬぐいについて、今回は印刷後の工程 ”蒸しと洗い”について、
動画も交えながら紹介します。

前回のプリントを生地にした後、それで終了ではないのです。
前回のですでに色も綺麗にでているように見えるかと思いますが、
生地への定着が不十分で、色落ちが激しいため、
定着させる工程必要です。それが蒸しの工程です。

蒸すと、染料にある反応基と綿の水酸基が反応を起こし、生地にしっかりと
定着されます。(もちろん色落ちしないわけではないです。)

動画の様に、生地が繋がった状態で、蒸し器に入っていき、高温で蒸され、機械の外に
出ていきます。

次に、洗いの工程に入りますが、まるで、コインランドリーにある業務用洗濯機です。
今回は小さめの機械を紹介しますが、量が多いときはもっと大きな機械で洗いをかけます。

この洗濯機ですが、家庭用の洗濯機と違い、冷たい水で洗わず、高温80度から90度で洗っていきます。
もちろん専用の洗剤も投入し洗って、そのあとすすぎ洗いもします。

この工程で、蒸しで定着しきれなかった余分な染料を落したりします。

このあと、生地を伸ばしながら乾燥させていき、カットし完成です。

いかがでしたでしょうか?染料でプリントするとこのように、様々な工程が入っていきます。
そうすることで、プリント部分が硬くならず、柔らかく仕上げることが出来るのです。

フルカラーのデザインでオリジナル手ぬぐいを作りたいとお考えでしたら、
お気軽に、フリーダイアル0120-941-011、お問合せフォーム・お見積りフォームまで
お問い合わせください。

神野織物 辻


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Twitter

Facebook