心拍を測りながら~選択肢をもつということ~


429247_381488715265445_1019622965_n

FROM 辻 良岳
自宅より、、、

だめだ・・・。
この腹周りは、まさに30代からくるというメタボ腹。
何とかしなければ・・・

今年で30代に突入して、28才くらいから蓄積されてきた
腹回りの脂肪が、限界の様子。シャツが腹回りだけ盛り上がってます。。。
とくに薄着になるこの季節は、腹回りの凸の主張が大きくなるんです。

なんとか腹回りの肉に消えてもらわなければ。。。
すぐに、ジャージに着替え久々に、胸に巻きつける黒いバンドと、流線形の時計を、
白のタンス左上の引き出しから、解放しました。写真のやつです。
これらは、運動中の心拍を計測するもので、黒いバンドの中心にあるセンサーを、
心臓付近にあて、固定する。すると、時計に自分の心拍が表示されるという仕組みになってます。

有酸素運動を効率的に行うには、心拍数が大切で、私の場合、
130~160の心拍数内を保つと、効果的に有酸素運動ができます。。

そして、脂肪燃焼には時間も大切。有酸素運動して30分経過からようやく、脂肪燃焼が始まります。
30分で終わると、折角そこから脂肪燃焼なのに!ってことになるので、1時間は走ります。
心拍数130~160の間をキープし、1時間のジョギングをするのですが、この心拍数をまもるのって余裕なんです。
1キロ7分ペース程度でジョギングすればよくて、フルマラソンでは5時間ペースと同じ速度です。
フルマラソンはしんどいですが、1時間だけなら大丈夫なもんです。

早速、黒いヤツを、心臓の位置に合わせながら胸に巻いて、時計の心拍計測開始。
「俺は、スピードを捨てる。」と心に言い聞かせ走り出す。
(他の走っている人がいると対抗意識があって、すぐに速度上げちゃうので。。。)
走り出すと、息切れもないし、1時間走り終える間際は少しだるい程度でいけました。
からだの芯から汗が出ている感覚で、まさに脂肪が燃焼しているように感じます。
あとは、これが習慣化できるかどうかが、僕の脂肪撃退プロジェクトの成功のカギです。

今までのジョギング習慣化の失敗は、天候が一番の原因なのですが、雨が続くと、
どんどんやる気が下がります。いつのまにか、家でゴロゴロゴロ~しちゃってます。

1つの選択肢しかないと、コントロールできないことが起こったときに、対応出来ないことになってしまいます。

これって、オリジナルものを作ることでも同じことが言えて、工場に直接お願いすると、安くできることが多いんですけど、
染色の方法の変更とか、短納期でお願いしないといけないとかに、対応してくれなかったとかよく聞きます。
それは、工場は自社の機械で出来ることしか出来ないのが当然で、他にも仕事があるから、簡単にはスケジュールを
縮めることが出来ないんです。

1つの選択肢しかないと、希望通りにならないことが多くあるので、別の選択肢も用意しておくべきでしょう。

とは言っても、工場を調べることや、直接やりとりさせてもらうことは、結構大変なんですよね。
だから、間に立って、多くの協力工場さんと付き合いしている会社に、お願いするのが良いです。
ニーズにあった工場で提案してくれますからね。

オリジナル手ぬぐいなら、手ぬぐい神野は、多数の協力工場さんの中から、納期や染色方法など、
あなたの御希望に沿える工場を選び制作してもらっています。
御問い合わせはお気軽にフリーダイヤル(0120-93-0075)
またはお見積もりフォームお問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。
お問い合わせ・お見積もりは無料です。
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Twitter

Facebook