手ぬぐい神野トップ

手ぬぐい製作の知識

価格で忘れてしまいがちな目的~オリジナル手ぬぐいは、フルカラーでするか色数を減らすか~

価格で忘れてしまいがちな目的~オリジナル手ぬぐいは、フルカラーでするか色数を減らすか~


a0800_001064

FROM 辻良岳

吹田の事務所より、、、

 

「ほんとは、綺麗に描けた絵だから、そのままが良いけど、色数が多いと高いでしょ。だから、安いのでいいです。」

昨日の夕方17時に、手ぬぐいを作りたいという女性から電話がかかってきました。

どうやら、ご自分で描かれた絵が、入賞されたらしく、記念に手ぬぐいを作って配りたいとのこと。

ただ、水彩画で、色数も多く、グラデーションも多い絵になっていて、

出来るなら、そのまま手ぬぐいにしたいと思っていたのでしょう。

他の手ぬぐい屋さんにも聞いたところ、「フルカラーは高いから、1色・2色にされた方が良い」と

言われたらしく、色数を減らした方がいいのかと思われたそうです。

たしかに、色数を1色・2色程度に減らして、印刷範囲も狭くすることで費用を抑えることは可能です。

フルカラーのインクジェット染料プリントで印刷するよりも、安く仕上がります。

 

ただ、そこでもう一度考えてください。

「あなたは、手ぬぐいを受け取った人にどのように感じてもらいたいのか?」

価格とは、よく目的を忘れさせてしまいがちです。

そもそもあなたは、その手ぬぐいを作って、どの様に思ってもらいたかったのかを、想像していたはずですよね。

もちろん、1色で制作することが悪いことはありません。1色にしたほうが手ぬぐいらしさをだせることは多いですからね。

ただ、作りたいものがフルカラーのデザインだったのなら、一度、インクジェット染料プリントを検討してください。

たとえば、ねぶた・ねぷたみたいな色とりどりの絵なんか、フルカラーで制作すると、

間違いなく綺麗でインパクトのある手ぬぐいに仕上がります。

貰った人にインパクトを与えられる手ぬぐい、作ってみませんか?

 

インクジェット染料プリント手ぬぐいの価格については、枚数で変動しますので一度お問い合わせ下さい。
お問い合わせ見積りのページ、またはフリーダイヤル(0120-93-0075)からどうぞ。

 

手ぬぐい神野 辻良岳

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 価格で忘れてしまいがちな目的~オリジナル手ぬぐいは、フルカラーでするか色数を減らすか~
[`evernote` not found]
Facebook にシェア

おしながき

  • プリント手ぬぐい
  • 本染め手ぬぐい
  • 剣道面手ぬぐい
  • フルカラー手ぬぐい
  • 手ぬぐい以外の商品(和のもの)
  • 料金について
  • お客様の声
  • 手ぬぐいギャラリー
  • 動画ギャラリー
  • 見積もり
  • 問い合わせ
  • 熨斗と文字
  • 入稿とデータ
  • よくある質問
  • 納品までの流れ
  • 支払い方法・送料
  • 会社概要
  • ブログ
  • 手ぬぐい神野NEWS
  • カンノタオル
  • 神野織物
  • 日本の伝統柄手ぬぐい販売サイトKannoJapan

フリーダイヤル 0120-93-0075