オリジナル手ぬぐいの専門家に頼んでますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - オリジナル手ぬぐいの専門家に頼んでますか?
[`evernote` not found]
Facebook にシェア

 

319405_360182277387213_1166708225_nFROM 辻良岳

行きつけのラーメン屋より、、、

 

吹田の事務所から、アサヒビール工場の方に向かって行き、商店街を抜けたところに

僕の行きつけのラーメン屋があります。

店の外観は、「ゆずラーメン」と大きな看板と、壁画も柚子を油絵タッチで描いて、

ゆずラーメンと描かれています。

店内に入ると、普通のラーメン屋のような 男の店のような少し攻撃的な雰囲気ではなく、

カフェのようなスタイル。壁に、お花とか可愛いエッセイ集とかの本が並べられているんですよ。

味とかのコメントは、何か個人差あると思うんでやめときます。

まー、カフェのようなスタイルだし、マンガも読めるから(特に週刊少年ジャンプ・・・)、なんか長居しちゃいます。

長居してもあんまし罪悪感がわかない変わった店なんです。

でも、行きつけってそんな感じですよね。なんか安心してしまうというか、落ち着きますよね。

行きつけに関しては、味がどうとかよりも、味は普通以上あれば良くて、行きつけの条件て、

・落ち着ける空間

・副産物的な何かがある(マンガがよめるとか、タバコが吸えるとか)

・地理的要因

でしょうかね。

ただ、もう一つ、当たり前ですが、「専門店であるということ」が大切です。

ラーメン食べたいから、「いつものラーメン食べられる散髪屋に行こう」とはならないでしょ。(そもそも髪か麺か分からんくなります)

でも、じつはこういう事って結構しちゃっているんです。

専門知識・経験がほとんどない人に、なんとなく、昔からの流れで頼んでいて、

実は、頼まれた人もまた、ほとんど分からないもんだから、他の人に丸投げしちゃっている。

だから、注文してもなかなか仕上がってこないし、問題が起こってもなかなか解決しない。

しまいには、「工場が無くなっちゃたみたい。。。」で、作れる先がなくなって右往左往しちゃう。

なぜなら、あなたの頼んでいる人は、専門家じゃないからです。

専門の知識・経験があり、作れるルートをいくつも持つ人になるには、年間でどれだけ案件を持ち、工場に案件を渡せているかが重要です。

専門でないと、たまにしか工場に仕事を回せない→工場からすると稼働率を上げてくれる客が大切なので、後回しにされる→納期も後ろにずらされる。

他にも、

あなたが頼んだ人にとっては、たまにしかない案件だから、仕入れ先を探さない。

というか、さがしてもほとんど案件回せないから、まともに取り合ってもらえない。

なんてことになっちゃいます。

 

あなたが、いつも頼んでいるところは専門知識と経験は豊富ですか?

 

手ぬぐい神野 辻良岳

PS:

今回のことは、特にお祭り関係の方からよく聞きます。

少しでも、「あッ」と思ったら 手ぬぐい神野に相談してください。

フリーダイヤル(0120-93-0075)またはお見積もりフォームお問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。お問い合わせ・お見積もり無料です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Twitter

Facebook