オリジナル手ぬぐいを1枚から製作する事は実質不可能なのか(手ぬぐい神野の場合)


オリジナル手ぬぐい1枚

結婚式のプレゼントや、父の日や母の日、還暦祝い、出産祝いなど、手ぬぐいに限らずオリジナルで1つだけモノを作りたいという需要はたくさんあります。
Tシャツやタオル、のぼりや看板など、1つだけオーダーできるものはたくさんありますが、本染め(注染)の手ぬぐいやプリントの手ぬぐいをオリジナルで作る場合、1枚だけ注文する事はできません。
※実質可能ですが、1枚製作するために100枚製作する場合と同じくらいの料金が必要となります。
となると、100枚注文して自分で99枚破棄するのとほとんど同じ事になります。

手ぬぐい神野では、注染の手ぬぐいは20枚からプリントの手ぬぐいは100枚から製作を承っております。
これは、製作工程上、最低、上記の枚数をまとめて製作しないと、工程の多さや手間を考えると採算が合わないためです。

本染め(注染)の手ぬぐいは通常、一疋(手拭い20本~22本分の長さの反物)という単位の、長い生地の状態で染め上げます。
そのため、1枚だけ注文が入っても最低一疋分を染め上げる料金が必要となります。

プリントの手ぬぐいに関しては、当たり前のことですがプリント工場はプリントの機械が稼働している時間が長ければ長いほど効率的です。
型を作る(製版)工場が別の場合も多いですし、プリントする際にインクがついたプリント台をきれいにしたり、型(版)を差し変えたり、様々な工程で時間がかかってしまうため、ある程度の枚数を一気にプリントしないと採算が合いません。

このような理由から、低価格で1枚だけ製作依頼をするのは難しいのが実情です。

どうしても1枚や3枚だけ、オリジナル手ぬぐいを作りたいという方は、手ぬぐいの晒生地(白い生地)だけを購入し、洗濯しても色落ちしない顔料インク等の染料を使い、筆で絵を描いたり、スタンプを押したりするだけでカワイイ手ぬぐいが安く作れるかと思います。

20枚以上での製作を検討されている場合はお気軽にフリーダイヤル(0120-93-0075)またはお見積もりフォームお問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。お問い合わせ・お見積もりは無料です。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Twitter

Facebook