手ぬぐい神野トップ

手ぬぐい製作の知識

本染め手ぬぐいは、なぜ1枚から作れないのか

本染め手ぬぐいは、なぜ1枚から作れないのか


事務所より

辻 良岳

 

本染めの手ぬぐいで、よく聞かれることに

「なぜ 1枚から作れないのですか?」

ということがあります。

正直な話をすれば、作れなくはないです。

東京や京都では、一枚を技で丁寧に染め上げている

職人さんがいらっしゃいます。

ただ、すごく高いです。もう工芸品の枠を超えて、芸術作品ですので。

一般的な柄の手ぬぐいを100枚作るよりも、もしかしたら1000枚つくるよりも

高くなるかと思います。

その仕事を、通常の本染めをしている職人が受けてしまえば、

その仕事にかかりきりで、工場はたちまち廃業です。

通常の工場と同じで、1日あたりの稼働率が非常に大切なのです。

本当は20枚でも厳しいのが現実ですが、そこは職人さんに頑張ってもらっています。

オリジナルの本染め手ぬぐいなら、20枚以上

20枚未満ならインクジェット染料プリントで とご検討いただければと思います。

 

神野織物株式会社 辻

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 本染め手ぬぐいは、なぜ1枚から作れないのか
[`evernote` not found]
Facebook にシェア

おしながき

  • プリント手ぬぐい
  • 本染め手ぬぐい
  • 剣道面手ぬぐい
  • フルカラー手ぬぐい
  • 手ぬぐい以外の商品(和のもの)
  • 料金について
  • お客様の声
  • 手ぬぐいギャラリー
  • 動画ギャラリー
  • 見積もり
  • 問い合わせ
  • 熨斗と文字
  • 入稿とデータ
  • よくある質問
  • 納品までの流れ
  • 支払い方法・送料
  • 会社概要
  • ブログ
  • 手ぬぐい神野NEWS
  • カンノタオル
  • 神野織物
  • 日本の伝統柄手ぬぐい販売サイトKannoJapan

フリーダイヤル 0120-93-0075