和紙の糸の手ぬぐい!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 和紙の糸の手ぬぐい!
[`evernote` not found]
Facebook にシェア

倉庫でしんみりとノートPCから

辻 良岳

 

ユネスコ無形文化遺産に登録されている“美濃和紙”を使った糸があるのです。

紙の糸って聞いた時に、僕は「ヨーヨーつり」のこよりを思い浮かべた訳で、

「水に濡れたら、すぐに切れてしまうじゃないの?」

「洗濯出来へんやん」とか思っちゃたんですよね。

でもね、そんなことなら職人が、織物ように製品化しないに決まっていますよね。

そうなんです、職人さんの技術はすごいんですよ。

水に濡れても大丈夫。それどころか、綿よりも優れた機能、化学繊維よりも安全なのです。

吸水性と速乾性に非常優れているので、汗を吸水してから、乾くのが早いから、

菌が繁殖しにくく、臭いも抑えられるんです。

しかも天然繊維なので、アレルギーとかがほとんどないんですよ。

いいことづくしですが、、、ここだけの話、染め上りが不安定なのと、全部を和紙の糸で織ってる訳ではなく、

綿の糸も使用しているので、縮み具合が違ってしまい、生地が少し歪みやすいんですね。

あと、綿の手ぬぐいに比べると、結構お値段が高い。。。

ただ、それは機能性と天然繊維ということと、何よりユネスコ世界遺産のブランド力ですんで!!(笑)

こんな手ぬぐい出来るかなとかございましたら、お気軽に、フリーダイアル0120-941-011、お問合せフォームお見積りフォームまで
お問い合わせください。出来ることはお答えいたします。

 

神野織物株式会社 辻


Twitter

Facebook